0562-51-6204

9:00〜18:00
(メール、LINEは24時間受付)

一般貨物

一般貨物の役員法令試験は過去問と条文集で攻略

運送業者さん
一般貨物自動車運送事業の許可申請はしていて、あとは試験に合格すればよいだけだが、どれぐらい難しいのか知りたい。

過去問や条文集がどこに売っているのかわからない。

難易度がわかったところでどうやって勉強したらいいんだろうか?

このような疑問にお答えします!
愛知県の土井行政書士

 

中部運輸局のここ最近の役員法令試験の合格率は70%台

役員法令試験の合格率グラフ

中部運輸局の令和元年7月~令和2年1月試験では、合格率の平均は高く、大体70%台となっています。あえて裏返して見れば、10人中3人は落ちている計算になりますが、しっかり準備をすれば決して怖い数字ではありません。

役員法令試験ってどんな試験なの?

そもそも、役員法令試験は、一般貨物自動車運送事業を営む上で、最低限必要な法令知識があるかどうかをチェックする試験です。

ふるいに掛けることを目的とした試験ではありません。

許可を出すお役所としては、「一定程度、法令を理解した一般貨物事業者の方に事業を営んで貰ってますよ。」ということが分かれば十分なのです。

他の試験から見る合格率70%の実態

最初にもお伝えしたとおり、ここ最近の合格率は70%と結構高めの合格率になっています。

一方、例えばこの記事を書いている私が保有資格している資格の「行政書士」試験の合格率はだいたい10%前後と言われていますので、資格試験とは性質が違うのはなんとなくわかりますよね。

とは言っても、やはり、合格率が70%と言うことは10人に3人は落ちる計算になるので神経質になるのもわかります。

そもそも合格しないと事業として営むことができないのは大きな問題です。

ただ、その10人中の3人という可能性に怯えるのではなく、冷静に、単なる事実として理解しておくことがとっても大切です。

繰り返しになりますが、合格率70%は決して怖い数字ではありません。

この記事を読んでしっかり役員法令試験について理解をして、確実に合格を勝ち取りましょう。

条文集や過去問集などの役員法令試験対策グッズを揃えよう

役員法令試験イメージ

役員法令試験において必ず準備しておきたいものですが、全部で2つあります。

まずは出題範囲の条文集と、もうひとつは、出題の傾向やポイントが掴める過去問集。この2つを強くオススメしています。

条文集は愛知運輸支局のホームページ(国土交通省へのリンク)にて無料でダウンロードできます。

過去問集については配布されていないので、わたしが所属している一般貨物自動車運送事業関連手続きのプロ集団サイトトラサポロゴなどで調達可能です。

何故こういった準備が必要なのかというと、まず条文集持ち込みができますし(正確には当日配られます)、過去問からは、試験の雰囲気や問題の傾向を掴むことができます。

役員法令試験に限らず、過去問に取り組むことは、あらゆる資格試験や入試でもセオリーのような感じになっていますね。

過去問からはそのまま同じ問題がでることも?

また、ここ数年間の過去問を繰り返し何度も解いてみた感想としては、頻度は少ないですが、全く同一の問題がでることもあれば、「このテーマは毎回100%でているな」と、言ったものもあります。

頻出テーマを抑えるのが攻略の鍵とも言えますね。

「合格率70%もあるのだから、わざわざ過去問集を調達しなくても大丈夫でしょう。」というお声もあるかと思いますが、問題は各運輸局が作成しています。

そのため、弊所ではご当地の過去問を使用されることをオススメしているんですよ。

条文集や過去問など、使えるものは全て使って合格の確度をグンと高めていきましょう。

まずは、無料の条文集をダウンロードしてみて、自力で学習できそうならそれでOKです。

ちょっと無理かも、と思ったら是非、過去問を調達してくださいね。

一般貨物自動車運送事業の役員法令試験対策は過去問や条文集の使い方が重要!

役員法令試験セミナーイメージ

役員法令試験の条文集や過去問は調達した後の使い方がとっても大切です。

漠然と過去問を解いたり、むやみやたらと条文集から正解を探すのは効率がとても悪いです。

十分な時間があれば、それでも良いかもしれませんが、これから一般貨物自動車運送事業を立ち上げる!といったときに潤沢な時間がある方はとっても少ないです。

なので、私を含め、トラサポロゴに所属する役員法令試験対策のプロから勉強方法について習ってみませんか?というご提案です。

なぜ、勉強方法について習うことをオススメしているの?

まず、条文集をダウンロードしてみてください。

なんと令和元年度に改訂された条文集の総ページ数は331ページにものぼります。膨大ですよね。

また、過去問にも実は、捨て問といって特に無理して覚えなくて良いものがあったりもするんです。

そういった背景があることを踏まえて、弊所が行った役員法令試験対策セミナーより、ひとつ好事例をご紹介すると、試験まで日数がないうえ、対策セミナー当日まで全く過去問や条文集に手をつけていらっしゃらなかったお客さまから「合格したよ!」とのご報告を頂いています。

なので、勉強法を知り、効率よく勉強することはとっても有意義だということが分かりますよね。

もちろん、役員法令試験対策セミナーを受講したからといって、100%合格を保証するものではありませんので、そこが難しいところではありますが、2回落ちたら一旦、許可申請を取り下げなきゃいけない、つまり一般貨物自動車運送事業を始められる日付けがうんと先に伸びてしまうんですね。

それを思えば、あらゆる手段をもってしても確度をあげておいた方が良いですよね。

役員法令試験対策セミナー受講のご提案

もう、何度か出てきてしまっていますが、勉強法を知らないまま手探りで勉強することの不安やそもそも勉強する時間がない!といったお声にお応えするため、弊所では役員法令試験の勉強方法について対策セミナーを行っています。

直接お問い合わせ頂いても、トラサポを経由してお問い合わせ頂いてもOKです。

なお、トラサポで販売している過去問(1年分)+対策テキストが5万円(税抜)ですが、弊所の役員法令試験対策セミナーは対策テキスト+過去問(1年分)込みで同じお値段で承っております。

せっかく、過去問をお買い求め頂くのであれば、追加コスト無しで勉強法も獲得してくださいね。ご連絡をおまちしております。

役員法令試験について問い合わせる

-一般貨物
-

Copyright© 愛知県の一般貨物自動車運送事業許可は行政書士土井事務所 , 2020 All Rights Reserved.