0562-51-6204

9:00〜18:00
(メール、LINEは24時間受付)

一般貨物

一般貨物自動車運送業の事業報告書

この投稿の目的と想定する読者さま

目的

  • 事業報告書作成のルールについて知ってもらうこと

想定する読者さま

  • 事業報告書について知りたい事業主様
  • 事業報告書の作成・提出が煩わしく外注を検討している事業主様
  • 定例事務に関してサポートを行っていない行政書士、税理士など士業の先生

一般貨物自動車運送業の事業報告書

一般貨物自動車運送業では事業年度が終了したあと100日以内に管轄の運輸局長に事業報告を行わなければなりません。

100日という日数が設けられているとゆとりがあるように思えますが、事業年度が終了してから決算書が完成し、お手元に戻ってきてから作成することを考えると、実際の所、あまり猶予がありません。

運悪く提出が遅れてしまい、その間に巡回指導が来てしまったら指摘の対象となりますので、作成スケジュールは計画的に行いましょう。

また、類似する報告書に事業実績報告というものがあります。

こちらも別途提出が必要な書類になりますので、以下の記事を参考に記入してください。

運送業事業実績報告書イメージ
一般貨物自動車運送業の事業実績報告書

この投稿の目的と想定する読者さま 目的 事業実績報告書について知ってもらうこと 想定する読者さま 事業実績報告書について知りたい事業主様 事業実績報告書の作成・提出が煩わしく外注を検討している事業主様 ...

続きを見る

一般貨物自動車運送業の事業報告書作成のポイント

事業報告書は、決算書等に記載の内容を所定の書式に落とし込む書類です。

事業報告書は全部で以下の6つの要素からなります。

  • 事業概況報告書
  • 一般貨物自動車運送事業損益明細表
  • 一般貨物自動車運送事業人件費明細書
  • 財務諸表(損益計算書・貸借対照表)
  • 注記表

これらは各運輸支局のホームページから書式がダウンロードできます。

事業主様が運営される事業全体から、運送業に係るもののみを切り出し、報告書を作成していきます。

実際に、参考になる書類は以下の通りです。

具体的に参考になる書類

  • 登記簿謄本
  • 法人税確定申告書の控え(別表2)
  • 決算書(勘定科目内訳明細書)
  • 決算書(製造原価報告書)
  • 決算書(販売費及び一般管理費明細書)

これら書類を参考に書式に落とし込んでいきます。

ココがポイント

兼業事業のある事業主様で、運送業に係る売上等が明確に区分されておらずお悩みの方等は事業主様にかわって弊所で作成することも可能ですので、ご連絡くださいませ。

ココに注意

事業報告書が出されていない事業主様は、営業所の移転や増車の手続きなど、その他の手続きを受け付けて頂けないこともあります。事業計画の変更等に支障を来さないためにも必ず期間内の報告を行うようにしましょう。

報告書の作成・提出サポート

本稿によって、書き方等についてはわかったものの…

  • 運輸支局まで行く時間がない…
  • 書類の作成が面倒…
  • 1度持ち込んだけど受付して貰えなかった… など

こういった事情等でお困りの方は、報告書の作成から申請まで代行にて承っております。

以下のコンタクトフォームや、LINEのおともだち登録をして頂いきそのままLINEで、お問い合わせくださいませ。

料金はコチラ

まとめ

この投稿で抑えておきたい2つのポイント

  • 事業実績報告書とは別物で、それぞれ提出期限があること
  • 未提出は罰則はもちろんのこと、その他手続きに影響があること

お問い合わせ

-一般貨物
-

Copyright© 愛知県の一般貨物自動車運送事業許可は行政書士土井事務所 , 2020 All Rights Reserved.